化粧品

跡をキレイに治す

ニキビ跡をきれいに治す

出来てしばらく経つと赤くなってしまうようなニキビ跡は目立つし気分も憂鬱になってしまいます。 そんな赤みを帯びたニキビ跡は、自分で綺麗に治すことができます。 赤いニキビ跡は炎症が起きている状態です。まずは炎症を抑える作用のがあり、肌への浸透率が良いビタミンC誘導体が入っている化粧水を使用しましょう。 この時、こすったりしないよう手のひらで優しくしっかりとしみこませるようにしましょう。 こうして保湿をしっかりします。 保湿をしっかりすることで皮脂の過剰分泌を抑え、ニキビ予防ができます。 セラミド入りなど、高保湿タイプのものを使用するのがオススメです。 ビタミンCと丁寧な保湿でニキビ跡の赤みはかなり綺麗に治すことができるのです。

皮膚科でのニキビ治療

自分でしっかりとケアをしてもどうしても赤みが引かないニキビ跡は皮膚科に行ってきちんときれいにしてもらいましょう。 現在、皮膚科では赤く炎症を起こしてしまったニキビ跡にはケミカルピーリングを行うのが主流です。 これは、炎症が起きている個所の角質や汚れを薬剤で溶かし、綺麗にする治療法です。古い角質の除去により、肌のターンオーバーが正常になり、綺麗な肌が再生されるという仕組みです。 もう一つは、レーザーを当てて赤みを消すという方法です。 こちらは、ピーリングよりも効果が早くすぐに赤みを取ることができますが、人によっては痛みを伴いますのでよく相談してからにしましょう。 皮膚科ではこのようなニキビ跡の治療を受けることができます。 しっかり治して綺麗な肌になりましょう。